明治新撰規矩的当図解

規矩的当図解自  序

本書は専ら規矩的当図形(キクテキトズカタ)を画き、又算術にて其の理を解く事を示す(注1)。都(スベ)て規矩準縄は水平と縦水に勾配を引きて構成せる勾股玄(コウコゲン)に起れり。其の勾股玄は算盤(ソロバン)の三四五(サンシゴ)(注2)則ち曲尺(カネジャク)の起原なり。故に算術は方円平直に起り、方円平直は規矩準縄より起る。而て規矩準縄を以て為さざれば、真正の方円平直を求る事能(アタ)わず。 [全文を読む]

棟梁 藤原金次郎

(石崎直治著・発行「東十二丁目誌」(H2.2.28)より)
天保7(1836)年3月10日東十二丁目村に生れ、大正8(1919)年11月10日84才の高令をもって病没。氏の著作を出版順に掲げると次の通りである。
・明治新撰規矩的当図解(注1)   全1冊  明治36年7月5日発行
・振墨一覧卒業         全1枚
・振墨鼻隠並投曲尺墨仕様  全1枚  以上2点、明治38年4月5日発行届出
・扇棰割計算及図法新案   全1枚  明治38年9月24日発行届出
・工学応用智恵鏡      全4枚  明治40年10月22日発行届出
・文明開化星繰合掛割早算   1組  明治42年11月17日発行届出
規矩的当図解は現代の数学家が見ても非常に勝れたもので、当時これだけのものを書き上げたことを絶讃しているし、星繰合掛割早算は今の計算尺と同じものらしい。

藤原金次郎
78才の藤原金次郎

なお氏の経歴伝は歓喜寺にあり次のようである。 [全文を読む]