照井党 -アテルイの時代-

(千城 央著「ゆりかごのヤマト王朝 一 照井党の巻」(2009.1.30 本の森発行)より)

主な登場人物
水沢照井党 建麻呂 (阿弖流為、アテルイ)
池月照井党 只牟呂
盛党 多賀嶋 (母礼、モレ)
安倍 乙志呂
坂上 苅田麻呂、田村麻呂
桓武天皇

三十八年の役勃発
呰麻呂の乱 (略)
北上川の戦い
軍神の出陣
三十八年の役終焉

  • 774年  海道の蝦夷が反乱し桃生城を侵す(三十八年戦争開始)
  • 776年  陸奥の軍3000人をもって胆沢の賊を討つ(胆沢の初見)

□  三十八年の役勃発
奥羽のみならず、信濃・駿河以東の東国では、重税と度重なる災害にあえいでいた。…
770(宝亀元)年10月、坂上田村麻呂の父である苅田麻呂が陸奥守鎮守将軍として赴任した。
苅田麻呂は、私利私欲に走らない篤実家(とくじつか)、平和共存路線を推し進めている。このため、奥羽の民は安堵し一揆は急減した。
ところが、…讒言(ざんげん)する者があり、翌年4月には都に戻して交代させてしまうのである。…

774年8月、磐城行方(なめかた)郡の周辺の百姓が前年の冷害のため飢えにあえぎ、食糧を得るため郡の食糧倉庫を襲って火をかけ、焼いてしまう事件が起きている。
これを受けて、都では陸奥出羽按察使・陸奥守・鎮守将軍の大伴駿河麻呂にエミシ征討命令を下し、奥羽三十八年の役の幕が切って落とされた。 [全文を読む]

照井党 -アテルイの前代-

(千城 央著「ゆりかごのヤマト王朝 一 照井党の巻」(2009.1.30 本の森)(注1)より)

主な登場人物
池月照井党 道岳、奈穂岳、諸岳
水沢照井党 建俊、建伴、建麻呂(アテルイ)
盛党 継嶋、多賀嶋(モレ)

  • 658年  越国守・阿倍比羅夫(注2)の北征(~660)
  • 672年  壬申の乱
  • 710年  平城京に遷都(奈良時代の始まり)
  • 712年  出羽国を建てる
  • 720年  蝦夷が反乱を起こし、陸奥按察使を殺害.征討軍を派遣
  • 722年  諸国から1000人の柵戸を陸奥に移民する
  • 724年  海道の蝦夷が反乱し陸奥大掾を殺害.陸奥国に多賀城を設置
  • 727年  渤海使、初めて来日(出羽柵)

□  エミシの出自
…735(天平7)年4月、江合川の上流にあたる陸前玉造の荒雄(あらお)川は雪解けで水位を増していたが、淵と瀬の境の辺は、遡上するニジマスやハヤの絶好の通過場所で、ここに目を付けていた少年五人がやって来て、釣り竿に針を掛ける準備を始めた。… [全文を読む]

照井・アテルイ・薬師館

(石塚喜墱著「照井庄誌史・系譜集録」(S60年頃か?)より)

《…照井家の始祖は照井武弘と称し、又押影中将とも言った。その居住地は照井庄と称していた、往古夷首阿弖流為(アテルイ)と言う者が居城していた城下部落である。城跡は山岳部にあって今は薬師堂が祀られてある(注2)。此処地は岩手県花巻市内の東南部に位置し今は東十二丁目と言われている。此の山岳の下は東北新幹線が通っている。… [全文を読む]

「内史畧」と著者・横川良助

(太田俊穂(注2)著「南部藩記 – 『内史畧』の世界」(1975.4.5 大和書房)より)

苦闘と崩壊の記録(ルポルタージュ)
『内史畧』は戦国の末期、北東北の一角に封土を与えられて成立した南部藩が、幕藩体制のなかの一つの単位として、いかに苦悶し、いかに生きつづけるための努力をしてきたか、そして、どのような過程をたどって崩壊へ向って進んでいったかを300年の記録によって実証したものである。舞台はあくまで南部藩であるが、この一つの藩に象徴される当時の苦悩は、すべての藩に共通するものであることは論をまたない。ただそれが、克明に記録されて今日までのこっているかどうかである。 [全文を読む]

島の七家、九家、八家

  島七家(け)
照井武弘氏主従は、延暦20年(801)坂上田村麻呂将軍に参軍して夷賊と戦い軍功があり、其後主従8人此処に土着して照井の庄と云い、武弘は照井氏を、従者の七人は島氏を称して島七家と云った。
照井の子孫は当地の主であったが、宗家は藤原清衡を助けて一関に移り住んだ。鎌倉時代になり5代武政は和賀郡猿橋に移り、17代武克は和賀郡横川目に住して和賀氏の家臣になったと伝う。

島の七家は大要次のようであったと伝えられている。 [全文を読む]

押切藤左衛門家のルーツ

      <1>
東十二丁目の押切総本家・藤左衛門家、その現当主の母・連津(れつ)さんの自叙伝(注1)に「押切姓のルーツ」と題して次のように記されています:-

現在、私達の住んでいる花巻市東十二丁目地区には「押切」の名字の家は約50戸ほどあって、1戸平均4人とすれば総数200人前後になるだろうと思われます(注2)。釜石市や県内各地にある押切の名字の家は、総(すべ)て私達の系統だと思っていたのですが、 [全文を読む]