あづま海道・再考

(阿部和夫著「『あずまかいどう・あづま海道・東海道』を探る」(H22.6.26/6.28/6.30/7.3/7.17 胆江日日新聞)(注1)より)

(1) 古代の官道
古代における官道、すなわち律令時代の官道、今で言う国道としては、東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道の七道が挙げられる。
官道の特徴の一つは、30里(約16キロ)ごとに駅家(うまや)が置かれたことである。駅家には駅長や駅子(えきし)が配置され、人と物の輸送にあたっていた。
みちのくの「東山道」は、白河から東北の内陸を北上し、多賀城に達している。このあと北上川の西岸を北に向かい、現在の岩手県内に入っている。岩手県内の駅家は、南から北に磐井・白鳥・胆沢・盤基(ばんき)と並んでいる。 [全文を読む]

あづま海道とは何か

「アズマカイドウ」という道がはるか昔に北上山地の西麓、東十二丁目の東側を通っていたということを、初めて聞いたのは去年の夏のことでした。
矢沢観光開発協議会の今は亡きS氏のお話では:-
・古代・中世の頃、北上山地の西麓を南北に縦貫する幹線道路があり、「アズマカイドウ」と呼ばれたが、後に廃れた。
・近年この古道の再発見が試みられており、北上市や奥州市ではルートの確定、道標の設置などが完了している。
・矢沢ではこれまで特別の取組はなかったが、観光開発協議会の事業としてこれから取組もうとしている。 [全文を読む]